スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百回放送

ご存知だろう。あす、4月1日はいわゆるエイプリルフールというやつだ。

が、そんなもの一体誰が考えたのだろう。くだらない。

つまるところ、俺はそんなものに興味など持っていない。





はやく起きすぎただろうか。外はまだ暗い。

ひやり、と冷たい窓に触れる。

やがて俺は食卓に着いた。

つかれがとれた気がしない。この頃はよく寝ているつもりなのだが。





かたづける皿は、いつの間にか綺麗になっていた。

いままで朝食がのっていたとは思えないほどに綺麗だった。




こうして俺は重い足を引きずり家を出た。

うしろ髪を引かれる思いだったが、致し方ない。

しかし、なんだろう、この違和感は。




んで、俺は電車に乗る。いつも通り後ろ向きで。

しかも、空いている電車で。




まえには先生が立っている。

すこし考えて、ああ、数学の授業中か、と思った。




えーと、俺はいつの間に塾に着いたんだろう。

と、考えた。

かなりきているようだ。

いつものことだが。




つぎの授業はなんだろうか。

ぱったりと教科書を閉じる。

いつもどおり、逆再生した音声を聞くような授業。

かったるい。




くる日もくる日もこんなことの繰り返し。

よくよく考えてみれば、ちょっと前の俺はこんなんじゃなかった。



てのひらを見つめる。

いつも目を輝かせていたんだ。




りっぱな廃人だな。

ああ、今日が終わろうとしている。

ルビーのように焼ける空をみる。




ラッキーだな。

じぶんのことを褒めたくもなった。

俺は違和感の正体に気づいた。



もうほとんど太陽の沈みかけた東の地平線をみながら、

やっぱり後ろ向きで、俺は家に入った。




ルイスキャロルの読み過ぎだろうか。





かんがえたのは誰だろう。エイプリールフールだなんて、冗談じゃない。






もうほとんど閉じた目でとらえた時計は『3月32日 AM6:30』を指していた。




















はい。


一ヶ月ぐらい前に考えていたネタです。


どんまい。



さて。






 さ

 す

 が

 に

 だ

 れ

 か

 き

 づ

 い

 た

 ?



スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

とりあえず百回目おめ

そしてがんばれwww

はやっ。

というかエイプリルフールという冒頭の文章に日にち確認しちゃったじゃないか;;;

 あーびっくりしたw

ご覧の有様だよッ!!
めざといなー
んで、気づいた?気づいた?
なんかさー結構頑張ったんだけど、
さっぱりねー、でもまた来月からは
いつもどおり、っていうかいつも以上に更新するから。

やるのかw

とりあえずLINに宣言しては?

えーやっぱそういうの必要?

昨日も一昨日も見に来たはずなのに気付かなかったぜ。
ってことでがんがれ。

くふふはは。頑張ったから、地味に。

明日から五月
プロフィール

Jack

Author:Jack
夢を追わなかったことを後悔したくない。

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。