スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九十四回放送

img231.jpg




I「愛です。
 今日はコーヒーこぼしませんでした!!
 マックに行っている日を観察すると何か規則性が・・・
 な、ないからね!!」

K「京です。
 お母さんに連れられてマックにきたっぽいちっちゃい姉妹に
 指をさされて何事か、ごそごそと言われました。
 ずっと視線を感じたので、目を合わせればさすがにあっちを向くだろう、
 と思ってそっちに顔を向けたら、
 『あ゛??』って感じで目が合いました。
 すんません、ボクの方が先にそらしちゃいました。
 きっと『きんもー』って言ってたに違いない」

I「挨拶なげーよ」

K「あーなんか帰ってきた!
 って感じがするね」

I「多少のブランクがあっても文体の変わらない、
 安定したぶろぐだね」

K「低い水準で安定してるよね、きっと」

I「これ以上、さがりようがないっていう?」














I「筑波に行ってきたよー」

K「アキバ経由で、TXにのって」

I「広かったねーつくばエクスプレス」

K「朝の上りのラッシュはすごかったけどね」

I「みんな走ってたよねー
 あと10分早く家を出ればそんなにあせることもないだろうに」

K「なんでそんな余裕を持った人間の視点なんだよ。
 全部自分にはね返ってきたよ」

I「秋葉原に行くのにも結構かかるのに、
 外回りで行っても内回りで行っても大して差がないんだよ?
 TXも終点から終点へ。
 移動が疲れるよ」

K「畑ばっかりで、
 家のあるところも屋根より電柱の方が高いから、
 窓から見えるのが電柱ばっかりっていう。」

I「知ってる?千葉って山がないんだよ。
 地平線が見えるんだ。
 山と言えば筑波山ぐらい」

K「で、つくば駅からはバスで行くんだけど、
 右回りと左回りというのがありまして。
 本来ならば右回りが近いんだけど、
 たまたまつくば駅に着いたときに来たバスが左回りで。
 で、右回りなら10分でつくところが、
 左回りだと20分かかっちゃうんだ。」

I「間違えて乗ったの?」

K「いや、そのバスの次に右回りが来るんだけど、
 それが10分後なんだよ。
 ってことは、いま目の前にある左回りに乗るのと、
 10分待って右回りに乗るのじゃ結局つくのが一緒なんだ」

I「へぇー
 山手線じゃあり得ないね。
 一周50分ぐらいに対して、2,3分間隔で来るからね、
 山の手のヤツは。
 田舎者の私にとっては結構衝撃だった」

K「で、乗ったんだけど、
 座席が全部うちの生徒で埋め尽くされてた。
 まぁ、立ってる人もいなかった。
 『座れないんだったら、10分待って右回りに乗ろう』
 ってな論理で」

I「なるほど、分かりやすいね、
 けど字数が多くて全然読む気がしないな」

K「うん疲れてきたね。
 んーでまぁ、そんな身内だらけのバスに乗ったんだけど、
 ぎゅうぎゅうだったね、
 ぼくらの所為かどうか分かんないけど。
 座ってたし。」

I「迷惑だな」

K「課外授業とは基本的にそういうもの」

I「迷惑だな」

K「時間ずらせばいいのにね、ラッシュから。
 で、料金も一律じゃなくて、
 乗った位置からの距離に応じてだんだん増えていくんだけど、
 はい、おわかり?」

I「なにが?」

K「ぼくら左回りの人間は、1回折り返して目的地に行くわけで、
 要するに渋谷から東京を通って池袋に行くわけだ。
 このとき、外回りと内回りで料金が違っちゃダメだろ?
 このバスもそうだったんだ」

I「ああ、
 折り返し地点を通り過ぎたところで料金が右回りの値段に変わるのか」

K「ここで事件発生!!
 ぼくらの目的地は本当に折り返し地点よりも先にあるのか!?」

I「は?」

K「料金案内の電光掲示板?があるんだけど、
 このメーターの金額がどんどん上がっていって、
 で、一向にさがる気配がない。
 所要時間は20分と書いてあるのに、
 そこから考えたら、とっくに折り返し地点を過ぎているはずなのに、
 一向にさがる気配がない!!
 なんだ!私たちはは完全に負け組なの!!?」

I「はぁ。」

K「まぁ、先にオチを言ってしまうと、
 実は所要時間が間違っていて、
 ちょうど目的地のところで金額が下がったよ。
 右回りの人よりも大幅に時間を食ってしまったわけだ。
 しかも怒られたしね、運転手さんに。」

I「騒ぎすぎたか?」

K「・・・いや、
 ちゃんと右回りできやがれ、舐めてんのか?あん?
 ちゃらちゃらしてんじゃねーよ、
 って。
 混んじゃうんだってよ。
 あと料金が190円とかいう中途半端な金額で、
 当然みんなぴったり払えないから、
 みんな両替。
 みんな両替。
 そしてバスが遅延遅延遅延遅延。
 ちぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん
 後ろに後続のバスが追いついてた。」

I「迷惑だ」

K「それが課外授業というものだよ。
 来年から右回りオンリーになるかもしれない。
 けど、このぶろぐを読んだ後輩によって、
 裏ルートとして代々連綿と秘密裏に受け継がれたり・・・」

I「ねーよ」














K「ごめんちゃい
 もう疲れました。
 下の動画でも見やがってください。
 深夜に見ると、ちょっと元気出ます。
 それ以外の時間帯は、避けてご利用することをおすすめします。
 効能には個人差があり、
 保証しません。
 なお、この動画視聴による、
 管理者の動画チョイスのセンスに関する苦情は一切受け付けません。
 以上。」




















早速すごい勢いであがってるよ!!
めざせTOP10!!





そうそう


もうそろそろ第百回放送を迎えるわけだけれども


あれ、8月に初めてやっとか



なんか企画っぽいもの募集









ちょっと前まで考えてたのがリアルラジオだけど、


さすがにひとりでしゃべるってのはないよね


え?一人二役??



無理無理無理m


さすがにその一線は越えたくないwwww




誰かとしゃべるにしても誰としゃべるか、


何をしゃべるか








そして何より、そんなことを考えながら珍しく早い時間帯に教室に行ったら



いっつもゲームやってる人達がなんか話し込んでて




あー朝からすごいなー



って思ってたら、、、









「○○○のコーナー!!!わーぱちぱち!!!」

















とかやってるんだよ


BGMとか流しちゃって






あれ?らじお?










しかもパーソナリティはあの”イロモネア”のファイナリストとに名を連ねる



一流のしゃべり師達




奴ら、しゃべりでメシ食ってますよ













これはもう勝てるわけがないという



そもそもそこで被っちゃいけないだろ
















いや、まぁ、そこをあえてとか思うけどね













結局ゆるい静止アニメに声あててみました、

みたいなところに落ち着くと思います。
























実況プレイでもやる???


→ ・コメントする
   ・鼻で笑う
   ・通報する
   ・ブラウザを閉じる




 
 

スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Jack

Author:Jack
夢を追わなかったことを後悔したくない。

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。