スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九十二回放送

img228.jpg







私にできることは、本当に小さなことかもしれない。


何年かかっても、何も変わらないかもしれない。


そこに光はないかもしれない。


いま、ここにあるものは人間の利己的な幻想で、


ほんの、夢物語なのかもしれない。


つらくなんかない、


訳がないよww


でも、こうやって笑っていられる。



だって、生きているものww
















つーことで、

キングダムハーツのような作業の遅さで進めていきます。

え?

あぁ、冒頭の絵を、ね。

卒業文集用に描いてるんだけど、

あ、扉絵とかじゃなくて、自分のページで。














昨日の新聞で出願状況が出てたけど、

倍率って年によってこんなに変わるものなの!?

ってびっくりしたけど、

まぁ、家庭科の授業でそれは解消されたけど、

東京芸大の倍率半端ないね!?



2,300人の定員(多分)で、

3700人だったよ?

13倍とか??












「勉強もろくにしないで絵ばっかり描いて!!!
 アンタ将来どうすんの!?」

「・・・別に」

「そんなんでどうすんのよ!!?」

「・・・うるさい!私の勝手でしょ!?」

「・・・まさか私立の芸大行こうだなんて考えてないでしょうね!!?
 授業料は絶対払わないからね!!?」

「・・・分かってるよ!!!」





















「あれ?勉強してるの?」

「んー、いや別に。」

「・・・・本当は○○美大行きたいんでしょ?」

「・・・。」

「別にアナタがやりたいことをやればいいのよ?」

「・・・お金のことで、母さんに苦労はかけない。」

「まぁたそんなこと言って、いままで一人前に生きてきた訳じゃないのに。」

「・・・とにかく!!私は国立の芸大に行く!!」


















みたいな?



やっぱ、あしきりされんのかなー

あんなすごい倍率でどうやって選ぶんだろう












スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Jack

Author:Jack
夢を追わなかったことを後悔したくない。

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。