スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十二回放送

img059_convert_20080812225509.jpg



I「愛です。今朝外を歩いていたら、
 道ばたに口から臓物をはき出したカエルがいました。
 車に轢かれたんでしょうか。かわいそうなことにまだ息があり、
 苦しそうによたよたしていました。
 近年まれにみるショッキングな一日の始まりでした。」

K「京です。コメントをくれたので
 ゆこさんのぶろぐに遊びに行ってみたら、
 地雷が埋まってました。
 これは罠か?
 でも、くじけません。」

I「あ、そうそう、気になったんだけど、」

K「なにさ?」

I「このぶろぐってバトンが回ってきたらどうするの?」

K「俺とお前とのどっちかが質問して、どっちかが答えるっていう感じかな?」

I「ああ。

 自演か。

K「地雷は踏んでしまったわけだけども、なんかつまんなさそうなバトンなので
 (ケータイ持ってねぇし)
 スルーします!!」

I「おい」

K「代わりと言っては何ですが、
 他のバトンやってみます!!」

I「おいおい」

K「回された人は頑張ってね」

I「なんだかなー」

K「ちなみに語尾は『にゃん』だから、jがんばってね」

I「おいおいおい」

K「出題者は俺。愛ちゃん、ヨロ」

I「おいおいおいおいおいおい」

K「ちょっと古いところからとってきた奴なので。」


img060のコピー

ねこバトン

ルール
これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに
「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけなくてはならない。
「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にすること。
日記の内容自体は普段書くような当たり障りのないもので構わない。
日記の最後に3人!まわす人の名前を記入するのを忘れないこと。
回す時はバトンの実行期限を設けること。
回した人は回された人がバトンをやったか確認する。
期限を守らなかった者は、回す人が指定した罰ゲームを行うこと。


K「チミは海辺にいるにゃ。砂浜を歩きながらふと波打ち際を見ると、
 サーフボードが一枚波にぬれてるにゃ。どんなサーフボードにゃ?」

I「水色にハイビスカスだにゃ」

K「チミはボードににょって沖へ向かうにゃ。
 波を待っていると、やがて波がやってきたにゃ。それはどんな波かにゃ?」

I「社会に蔓延する殺伐とした空気を洗いにゃがしてくれる波だニャ」

K「チミは波に乗って爽快に滑り出したにゃ。
 でも、しばらくすると海の中へ落ちてしまったにゃ。
 泡の中でもがきながらチミはは何と思ったかにゃ?」

I「猫って泳げるのかにゃ?」

K「やっと水の上に顔を出すことができたチミは、海岸を見ると、
 異性が一人チミを見てることに気付くにゃ!それは誰かにゃ!?」

I「カイリ。あっ、ライフセーバーさんかにゃ?」

K「チミはシャワーを浴びてるにゃ。
 そのシャワーは、どんな感じで出ているかにゃ?想像してにゃ。」

I「この世のものとは思えにゃい速さで出ているニャ」

K「さて、チミは頭を洗うことにしたにゃ。
 チミはどんなふうに洗うかにゃ?詳しく説明してにゃ」

I「繊細かつ激しくだニャ」

K「チミが頭を洗っていると、シャボン玉が出来きたにゃ。
 そのシャボン玉がはじけた時、チミは何とつぶやくかにゃ?」

I「晩ごはん、さかにゃだといいにゃ」

K「チミがシャワーを浴びていると、部屋の方で、
 電話が鳴り出したにゃ。チミはどうするかにゃ? 」

I「誰がどんにゃ内容で掛けてきたのかまで推理して掛け直すにゃ」

K「チミはガーデニングに挑戦してみることにしたにゃ。
 手作りの庭に、チミは何種類くらいの花を植えようと思ったかにゃ?」

I「3種類くらいだにゃ」

K「大切に育てた花が、ある日突然、あにゃたに話しかけてきたにゃ!
 花は、何と言ったかにゃ? 」

I「聞こえる?にゃんてどうかにゃ」

K「昨夜の嵐のせいで、せっかく作った庭はメチャクチャ。(涙
  さあ、どうするにゃ。」

I「にゃみだでにわをにゅらすにゃ」

K「ところで、チミはガーデニングが好きかにゃ?」
   
I「花が咲くっていいじゃにゃいか」。

K「電車がホームに近づいてきたにゃ。
 順番からいって、チミは座席に座れるかどうか微妙なところだにゃ。 」

I「気にしにゃい」

K「チミは無事に席を確保し、いつのまにか居眠りしてしまったにゃ。
 どうしてそんなに疲れていたのかにゃ?その理由を教えてにゃ。 」

I「いつものことだにゃ。
 現代人は、みんにゃ疲れてるはずにゃ。」

K「ブレーキが掛かり電車が駅に到着したところで、
 チミはハッと目が覚めたにゃ。そこは降りる駅の手前かにゃ? 」
 
I「妄想という駅のひとつ手前の現実という駅だにゃ」

K「居眠りしている間、ずっと肩を貸してくれていた人がいたにゃ。(わくわく
 それは誰だにゃ?」

I「昨日の自分だにゃ」

K「以上だにゃン☆
 最後に回す人、期限、罰ゲームを言って欲しいにゃ」

I「このバトンをみた全員にお願いだにゃ。
 絵もせっかく描いたし、バトン持ってく時は絵も是非ご一緒にだにゃ!
 すくにゃくともFC2ブロの人は、確認しに行くにゃ。
 3日いにゃいにやらにゃいと、皮付きの桃丸かじりだにゃ!」


I「ふー。バトンって時間かかるね」

K「そーだにゃ」

I「・・・。
 っていうかこのバトン、コピーしづらくないか?」

K「そんにゃひとは、ルールだけコピーして、
 質問は自分で作ればいいにゃ!」

I「ずいぶん投げやりですね」

K「どうせ誰も持っててくれにゃいにゃ」

I「でも確認しに行くと・・」

K「目的はこのバトンをきっかけにコメントをすることだにゃ!
 そうでもしにゃいと、ヘタレのボクはコメントできにゃいにゃ!」

I「・・・・。」

K「ではでは、ばいにゃらにゃらいば~」

I「懐かしい。」




img058のコピーのコピー

顔が横長な気がしたので、縦につぶしてみました。


スポンサーサイト
プロフィール

Jack

Author:Jack
夢を追わなかったことを後悔したくない。

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。