スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回放送

img032.jpg

♪OP

♪つくじゃっくどとえふむえぇ~む↑↑


I「愛です」

K「京です」

I「登場シーンもだいぶ省略されてきたね」

K「何かの変身シーンとか合体シーンみたいだね」

I「ちょっとはやくない?まだ三回目だよ?」

K「どうせいつかはそうなるんだし別にいーじゃん」

I「そういうもんかなぁ?」

K「アムロだって途中から『いきまーす』
 しか言わなくなったし」

I「その点ロケット団ってすごいよね」

K「ずっと『なんなんだ!?と訊かれたら、答えてあげ・・・』
 ってやり続けてたよね」

I「うぅん。すごいよね。
 今でもやってるのかな?」

K「さぁ?最近見てないから。
 っていうかまだあの二人って出てきてるの?
 っていうかまだポケモンってやってるの?」

I「さぁ?なんだかちょっぴりさみしいかも」

K「まぁ人はいずれ大人になるものですから」

I「あれ?そんな話だっけ?」

♪ちゃらら~ん(音楽が流れる)



I「ところでさ、」

K「うん?」

I「なんでこんなに放送時間が遅いの?」

K「ああ、それは夏休みだからって調子に乗って
 連日夜更かしし続けてついには
 PM 5:00起床になってしまったからとか、
 そんな特別な事情はなくてね、」

I「はぁ・・・。」

K「10:00頃から『PC使うぞ!!』って宣言したにも関わらず
 シャワーをすませると居間で母上がPC使ってて、
 しょうがないからチェス入門(東氏著)読んでて、
 ついうとうとしちゃったりして、
 3回くらい気を失ったにもかかわらず、
 なおも母上はPCを使い続けて
 とうとう1:30になってようやく順番が回ってきたわけです」

I「へ、へぇ~・・・」

K「しかも『えっ?使うって言ったっけ?』
 とか言い出すし。
 『ごめ~んずっとフリーセルしてたぁ~☆』
 とか言い出すし。
 『でも早く寝ろヨ?』
 とか言い出すし。」

I「落ち着け!とりあえずシャーペンから手を離して!!
 あと芯こっちにとばすな!」

K「やってられっかぁ~!!!」

I「こら!トランプは飛ばして壁に刺すためのものじゃないよ!!
 スタジオ破壊する気なの!?ってかすごいねそれ!!?」




~都合により番組を変更してお送りしております~






K「nice boat.」

I「文化祭の仕事もあるんだから、
 ちゃっちゃとやっちゃいなさい」

K「はい。実はですね、
 なんと今日はゲストがいらっしゃってるのです」

I「おお。全く喋ってないね」

K「今をときめく15歳、Jackさんです。」

J「どーもー。ここのディレクターやってマース」

I「・・・ぁあ!!?」

K「どした?」

I「ゲストって言うから誰かと思えばこいつかよ」

J「こいつとかゆーな!
 俺がいなかったらお前らも(ry」

K「まぁまぁ。」

I「ふんっ」

K「さてさて、本日は未だ謎の多い、
 このぶろぐの管理者Jackさんにインタビュー
 してみたいと思います」

J「わーい。ぱちぱち~ぱふっぱふっ」

I「うっさい!」

K「それでは、自分のブログで自分と他のキャラを作って、
 自分で自分にインタビューとかいう、
 まるで絵に描いたかのような自作自演もかったるいので、
 Jackさん、とりあえず一通り自己紹介お願いします」

J「あいあい。
 このぶろぐの作者です。
 某国立大附属T駒中学校に通う中学3年生です。
 中学入ってから女の子と喋った回数は
 片手で数えられますよ。
 あっでも2進数使えば片手で31まで数えられますけどね。
 まぁ10進数で数えられる回数ですけどね。
 得意は絵で苦手は歌です。
 生徒会長とか美研の代表とかJugglersの風船担当とか
 色々役職はありますけど、
 本職はサッカー部だと信じています。
 本を読むのが好きな子でした。
 受験してからゲームとかテレビとかから
 離れる傾向にあります。
 時々空を眺めていますがそっとしてやってください。
 最近の悩みは親がギターを買わせてくれないことです。
 音楽はあんま興味ありません。
 今はフィギュアをフルスクラッチ(全部手作)で
 作ることに挑戦しています。
 漫画も描きたいなとか思ってますけど、
 1ページたりとも描いたことはありません。
 手品とか得意そうってよく言われます。
 それっぽいサムネにランキングのリンク貼ったら、
 結構伸びるんじゃないかと思っています。
 もちろん違反です。真似しないでください。
 今後、疲れたり病んだりしてしまったときに、
 I・Kの出演しない、Jの朗読が放送されるかもしれません。
 有事の場合も冷静に対応してください。」

I「長い。それと、お前だけの放送になる日が
 永遠に来ないことを心から祈っている。
 故・赤塚不二夫氏の冥福と同じくらい祈っている」

J「まぁ、一通りっていうとこんなもんかな?」

K「どうも。では、ブログを始めたきっかけは?」

J「友達のもっけ君のブログがすごい人気で嫉妬した。
 彼のぶろぐはこちらからどうぞ↓
 あなたに「もっけだの」

I「ぶっちゃけたな」

K「黒歴史があるとか」

J「前もぶろぐやってました。
 あの頃は絵を載せても誰もコメントくれなくて、
 じゃあって事でFC2作ってみました」

I「導出部分に疑問があるな」

K「ぶっちゃけヲタクですか?」

J「否定はしない」

K「ニコ動はよく見る?」

J「呼吸をするかのように見る。
 喧嘩してる人達がいたら、
 『だけど、みんな、みんな、大好きなんだからぁーー!!!』
 って書き込む」

I「そんなコメ見たら
 『NGユーザー追加、余裕でした』だな」

J「ひどい!!」

K「好きなタイプは?」

J「小学生」

I「冗談でしょ!?」

J「さぁ?」

K「無人島に持っていくものは?」

J「iPod。
 持ってねーけど。」

K「ケータイ持ってないそーですが、その理由は?」

J「親にものを頼みたくない」

K「PCの壁紙は?」

J「うどんげてゐ。
 いつか自分で描いてみたいと思う。」

K「この夏の目標は?」

J「コーラを克服したい」

K「愛ちゃんとはぶっちゃけどんな関係?」

J「『ビアンキちゅゎ~ん(はあと)』
  『・・・シャマルッ!?』
 みたいな?」

I「そのような事実はない。誠に遺憾である。」

K「こんなもんでしょうかね??」

J「ぶっちゃけ飽きたしね」

I「リアル書き手がそーゆーことゆーな!」

K「ではそろそろ文化祭の仕事を
 しなくてはいけないのですが・・・」

J「ではでは新コーナー☆読者の広場!」

I「いやいや。勝手に始めるなよ。
 あと読者ゆーな」

J「めんどい☆」

K「おい。」

J「ではでは
 ラジオネーム・長門大好き汁太郎さん(15)」

K・I「おいおいおいおい」

J「『こんにちは!ぶろぐ新しくしたんですね!
  更新頑張ってください!!
  ところで第一回放送の右の女の子はもしかして
  僕の嫁ですか!!?
  というか前のぶろぐのプロフ画像もですか!?
  気になって仕方ない3-CHRの凸責なのでしたぁ!
  
  P.S. 脚本さん仕事してください』」

K「偽造も甚だしいな」

I「これってもう訴えられるレベルにきてんじゃないの?」

J「というように、ぶろぐ新設にあたりまして、
 たくさんの応援メッセージいただいております!!
 皆さんのお便りだけが励みです☆
 お便りお待ちしておりまぁ~す!!」

I「こら!!勝手に人の台詞ゆーな!!」

K「てゆーかこんなことしてると、
 今に誰もコメントしなくなるぞ?」

J「ちなみに汁太郎君のぶろぐのアドレスは・・・」

K「それはやめておいてあげよーよ!!
 いや、自重しろ!!」

I「・・・記念すべき初コメント者なのにね」

J「しーらね」

I「・・・・。」

K「・・・さてと、そろそろ本当に仕事しないと、
 明日から夏期講習も始まるし・・・」

J「ちなみに、
 『長門がどうこうとか知らないけど、有希は俺の嫁』
 だぜ☆」

I「誰もそんなことは訊いていない」

K「それではまた、次の夜にお会いしましょ~」



I・J・K「まぁたねぇ~☆ ウニャー(’≧∇≦`)ノシ」









K「H君とかL君とかも登場するの?(アルファベット的な意味で)」

J「さぁ?ぽちぽちもよろしくぅ~」

スポンサーサイト
プロフィール

Jack

Author:Jack
夢を追わなかったことを後悔したくない。

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。